看護師は非常に忙しい仕事

もう限界!看護師の転職理由

こんな職場とはもうおさらば!

忙しさに耐えられない

日本医療労働組合連合会が実施した「看護職員の労働実態調査」では、看護師の約20%が「仕事をいつも辞めたいと思う」と回答しています。さらに、「時々思う」を含めると約70%もいます。その原因として考えられるのが、多忙すぎる看護師の業務です。

忙しさに耐えられない

残業の多さ

看護師の仕事は忙しく、時間外労働が多いです。残業理由として多く挙げられるのは、看護記録の作成やスタッフへの申し送り、勉強会や研修、会議、就業直前の突発的な対応などが挙げられます。勤める職場の残業に対する考え方や習慣に大きく左右されますが、なかにはサービス残業を強いるところもあります。こういった残業が続くとプライベートの時間が確保できず、ワークライフバランスが保てません。仕事が忙しいのは看護師に限ったことではありませんが、限度というものがあります。60時間以上の時間外労働は過労死につながるとされていますが、平気でその残業時間を超える職場も少なくありません。

残業の多さ

休憩が取れない

勤務中に十分な休憩が取れていないのも大きな問題です。現場で働く看護師にちゃんと休憩が取れているかアンケートを取ったところ、夜勤で働く人の30%以上は「取れていない」と回答しました。休憩時間を設けていても、実際には気が休まらないという看護師が多く、精神的に追い込まれています。十分な休憩を取ることで気持ちの切り替えができて業務効率は上がるのですが、それができずに悩んでいる看護師が多くいます。
さらに、夜勤が不定期に発生することで体調を崩しやすくなります。ずっと夜勤が続くのであればまだ生活のリズムを整えやすいですが、不定期に発生するのでなかなか難しい面があります。特に若い看護師は独特の生活リズムに慣れるのに時間がかかるため、負担が大きいです。

休憩が取れない

人手不足による業務の過密化

このような仕事の忙しさは、ほとんどの場合人手不足が原因です。必要とされる看護師の数に対して、実際に働いている看護師の数が足りていないのが実情です。これにより業務が過密になり、多くの時間外労働が発生しています。思うように休みが取れず、せっかくの休日でも日ごろの疲れが抜けずにずっと寝て過ごすという人は多いでしょう。また、人手不足解消をこちらから訴えても聞き入れてくれない職場があります。そのような職場は人材の定着率が低いため、いつまでも人手不足の状況が続き、看護師の負担は大きくなっていく一方です。十分な人員がいれば精神的にも安心して業務に取り組めるのですが、ぎりぎりの人数だと気が抜けず、ストレスをため込み続けることになってしまいます。

人手不足による業務の過密化

ストレスのない職場に転職したいなら

  • 逆指名制度がある「ナースコンシェルジュ」
    逆指名制度がある「ナースコンシェルジュ」

    「ナースコンシェルジュ」は転職者の意思を最大限尊重して転職サポートを提供してくれます。そのため、安心して転職活動を進めていくことができます。「逆指名制度」により、高い転職成功率を誇る転職エージェントです。

    Read more
  • 人間関係を見極めるポイント
    人間関係を見極めるポイント

    人間関係の良好な職場に転職するために押さえておきたいポイントを紹介します。まず、人間関係を理由に転職するのはまったく悪いことではありません。転職を前向きに捉え、冷静に転職先の人間関係を見極めましょう。

    Read more
  • 人間関係が悪くてつらい……
    人間関係が悪くてつらい……

    看護師は女性の多い職業です。そのため、面倒な人間関係が発生しやすく、ストレスがたまります。例えば、不必要な小言やいやがらせをしてくるいわゆる「お局様」と呼ばれるベテラン看護師の存在などがあります。

    Read more