看護師の給料は低い?

もう限界!看護師の転職理由

こんな職場とはもうおさらば!

給料に対する不満

給料が低いことを理由に転職をする看護師は多いです。やっている業務に対して給料が少なすぎる、やる事が増えても給料は変わらない、上がったとしても金額が少ない、という不満です。特に仕事が増えるだけで給料が変わらないことに不満を持っている看護師は多いです。病院によっては人手不足を解消するために高めの給料を設定し、入職後は一向に給料を上げてくれないところもあります。

給料に対する不満

給料が上がらない

多くの看護師が「なぜこんなに給料が安いのか」と感じる理由はどこにあるのでしょうか。看護師が給料に不満を持つ理由としてまず挙げられるのは、長く働いてもなかなか給料が上がらない点です。看護師の場合、20代前半から50代前半まで約30年間働いたとして、給料が1.45倍にしかなりません。一般企業に勤めるサラリーマンの場合、同じく20代前半から50代前半まで30年間働くと給料は約2倍に増えます。男性に限るとなんと2.47倍です。こうみると、看護師の給与の上がりにくさがよくわかります。どれだけがんばって長く仕事を続けても給料は上がらないのに、責任だけは重くなっていく状態です。そう考えると、給料に不満を持つのも仕方がないことだと言えます。

給料が上がらない

割に合わない

そしてもうひとつ、看護師が給料が安いと感じる理由は、仕事内容に対してもらえる額が少なすぎる点です。厚生労働省が行った賃金構造基本統計調査(平成28年度)によれば、看護師の平均年収は約480万円です。一方、国税庁が行った民間給与実態統計調査(平成27年度)によると、一般のサラリーマンの平均年収は約355万円です。こう比べると看護師の給料は高いように思えますが、それでも現場で働く看護師は不満を持っています。
そもそも看護師は国家資格であり、資格取得までに相当な努力が必要です。そのうえ、患者の命に関わる責任の重い仕事です。さらに、夜勤があるので負担が大きく、プライベートの時間もなかなか確保できません。基本的に立ち仕事で体力を必要としますし、疾患を持つ患者への対応は精神面の負担が大きいです。これまでにハードな仕事なのに、給料はサラリーマンよりも少し高い程度です。そのため、割に合わないと感じる看護師が多いのです。看護師は責任の重い仕事ですが、その分社会的貢献度が高くやりがいの大きい仕事です。とはいえ、ボランティアではなくあくまで仕事です。そのため、労働の対価である給料が見合っていないのであれば、仕事を辞めるしかありません。このように仕事内容に見合っておらず、割に合わない安い給料に不満を感じて転職を決意するのです。

割に合わない

ストレスのない職場に転職したいなら

  • 逆指名制度がある「ナースコンシェルジュ」
    逆指名制度がある「ナースコンシェルジュ」

    「ナースコンシェルジュ」は転職者の意思を最大限尊重して転職サポートを提供してくれます。そのため、安心して転職活動を進めていくことができます。「逆指名制度」により、高い転職成功率を誇る転職エージェントです。

    Read more
  • 人間関係を見極めるポイント
    人間関係を見極めるポイント

    人間関係の良好な職場に転職するために押さえておきたいポイントを紹介します。まず、人間関係を理由に転職するのはまったく悪いことではありません。転職を前向きに捉え、冷静に転職先の人間関係を見極めましょう。

    Read more
  • 人間関係が悪くてつらい……
    人間関係が悪くてつらい……

    看護師は女性の多い職業です。そのため、面倒な人間関係が発生しやすく、ストレスがたまります。例えば、不必要な小言やいやがらせをしてくるいわゆる「お局様」と呼ばれるベテラン看護師の存在などがあります。

    Read more