忙しさが転職理由の場合に職場を探すポイント

もう限界!看護師の転職理由

こんな職場とはもうおさらば!

ブラックな職場から脱出

忙しすぎる環境から脱出するために転職をする看護師に向けて、転職活動のポイントを紹介します。転職先が前と同じように忙しい職場だったら、せっかく職場を変えた意味がありません。そういったことがないように、ブラックな職場を見極めるポイントやおすすめの職場をみていきましょう。

ブラックな職場から脱出

求人情報のチェックポイント

まず、ずっと同じ内容の求人が出ているところは避けたほうがいいです。業務拡大などの明確な理由がない限り、ずっと同じ求人がでているところは慢性的に人手不足におちいっており、人材が定着しない職場だといえます。そういった求人に限って「アットホームな職場です」と書かれていることが多いのですが、応募者を安心させるためにとりあえず書かれているだけの可能性が高いです。逆に、「急募」「パート勤務大歓迎」など、人手不足であることがわかりやすい求人にも注意してください。その通り、人手不足で激務な可能性が高いです。

求人情報のチェックポイント

面接時のチェックポイント

面接の際には、求人情報に掲載されていない点を質問します。そのなかで、「残業の有無」「休暇の取得率」「離職率」「シフトについて」の質問をした際に、はぐらかす空気があったり嫌な顔をする場合はブラックな職場である可能性が高いです。また、病院の求人に応募した場合に「残業はありません」と言い切る場合も注意です。急変や急患などで突発的な対応が必要になるのが病院です。なのに、残業がないと言い切るというのは怪しいです。「嘘をついてでも採用すればこっちのものだ」と考えている可能性があり、そのような職場は得てしてブラックです。残業の有無以外にも、平気で嘘のデータを言ってくるケースもありますので、言われたデータと実際のデータに差異がないかを確認するためにも応募先の情報はしっかり調べておきましょう。
また、面接の場で即採用を言い渡される場合も注意です。どんな人材でもいいからとにかく労働力が必要なほど、人手不足ということです。面接時に職場見学をさせてもらえない病院も、労働環境に問題があって応募者にみせられないということなので避けてください。

面接時のチェックポイント

おすすめの職場

夜勤がつらくて転職する人は、「クリニック」「検診センター」「保育園看護師」がおすすめです。仕事内容も負担の少ない業務がメインですし、残業も少ないです。同様に「デイサービス」も日勤のみでおすすめです。利用者の日常生活の介助業務は介護士が行うので、体力的にもそこまでつらくありません。そのほかだと、「学校や企業の医務室」で働くという方法があります。基本的にデスクワークですし、対応する患者の数も少ないので穏やかな環境で働くことができます。

おすすめの職場

ストレスのない職場に転職したいなら

  • 逆指名制度がある「ナースコンシェルジュ」
    逆指名制度がある「ナースコンシェルジュ」

    「ナースコンシェルジュ」は転職者の意思を最大限尊重して転職サポートを提供してくれます。そのため、安心して転職活動を進めていくことができます。「逆指名制度」により、高い転職成功率を誇る転職エージェントです。

    Read more
  • 人間関係を見極めるポイント
    人間関係を見極めるポイント

    人間関係の良好な職場に転職するために押さえておきたいポイントを紹介します。まず、人間関係を理由に転職するのはまったく悪いことではありません。転職を前向きに捉え、冷静に転職先の人間関係を見極めましょう。

    Read more
  • 人間関係が悪くてつらい……
    人間関係が悪くてつらい……

    看護師は女性の多い職業です。そのため、面倒な人間関係が発生しやすく、ストレスがたまります。例えば、不必要な小言やいやがらせをしてくるいわゆる「お局様」と呼ばれるベテラン看護師の存在などがあります。

    Read more